どこに薬を垂らせばいいか | 小型犬用のレボリューションなら楽に愛犬の健康を守れます

小型犬用のレボリューションなら楽に愛犬の健康を守れます

どこに薬を垂らせばいいか

「どこに薬を垂らせばいいか」のピクチャーイメージです。

無理に口を開けさせて薬を飲ませたりする必要なく、簡単に扱うことができるレボリューション。
レボリューションは皮膚に垂らすだけで効果を発揮してくれるスポットタイプの予防薬ですが、初心者の人はペットの身体のどこに垂らせばいいのかわからなくなってしまいますよね。
ペットが自分でなめとってしまえる位置に垂らしたら意味がありませんし、薬を舐めてしまったペットに何らかの影響が出てしまう可能性もあります。
小型犬用のレボリューションは一体ペットの身体のどこに垂らすのが一番なのでしょうか。

小型犬用のレボリューションを垂らす位置は、ペットが自分で舐めとってしまわない位置がベストです。
そうはいわれてもぱっと思いつかない……という人は、ペットの首筋にレボリューションを垂らしましょう。
首筋の辺りなら自分で舐めとってしまうことはできないので薬を舐めてしまうといったことが起きてしまう心配もありません。
多くのスポットタイプの予防薬はペットの首筋に薬液を垂らすことを推奨していますので、ペットの安全のためにも、レボリューションは首筋の辺りに垂らしましょう。

もし、飼っているペットの被毛が長いという場合は、しっかりと毛をかき分けて皮膚に直接垂らしてください。
レボリューションは皮膚から体内に吸収されることで体内にいるフィラリアや寄生虫にも効果を発揮するので、皮膚についていないと効果を発揮してくれないので注意しましょう。